MESSAGE

代表メッセージ

蛭子 悦延

クリエーター才能を
発揮できる場所をつくりたい

直筆サインETSUNOBU EBISU


株式会社グッド・フィール
代表取締役社長
蛭子 悦延

高いクオリティのゲームを常に生み出し続ける集団でありたい。
それが、創業時から持ち続けてきた私の目標です。

これまで、個性的で様々な考えを持ったクリエーターに支えられながら、共に多くの作品を生み出してきました。

中でも、アクションゲームには特別強いこだわりを持って取り組んできました。 ゲーム制作で最も大切にしている「遊び」の部分を、より効果的に伝えるにはどうすれば良いか。 試行錯誤する中で行きついたのが、「質感」や「動き」に徹底的にこだわったビジュアル表現でした。

このビジュアル表現によって、より高められた世界観とゲーム性は、 ユーザーの皆様から高い評価を受け、グッド・フィールの大きな強みとなりました。

そして、もっと多くの方に自分たちのゲームをプレイしてもらいたい。 その思いを実現していくために、さらに組織を強化していく必要があります。

よく「好きこそものの上手なれ」と言いますが、とにかくゲームが大好きで、 心から楽しんでものづくりができる方は、ぜひグッド・フィールの門を叩いてみてください。

世の中には、高い技術や才能にあふれたクリエーターがたくさんいます。 しかし、一番大切なのは自分たちが楽しみながらものづりができるかどうかだと思います。

「これ開発した人達、絶対楽しんで作っているだろう」という、 作り手の温度が作品から伝わってくるような、そんなゲームを一緒に作りましょう。

クリエーターが存分に才能を発揮できる場所をつくり、一緒に新しいゲームを生み出していく。

それこそが、グッド・フィールの理想です。