HOME スペシャルコンテンツ スタッフインタビュー プログラマー D.Y

2015年入社 プログラマー D.Y
いつかは自分の企画で勝負する!

GFに入って良かった点は?

面白いものを作るためであれば、どんな職種の意見も取り入れて作品を仕上げていこうという姿勢が大好きです。

プログラマーとしてのやりがいは?

当社の場合、実装したいことの大枠のみをディレクターから指示され、仕様の細部についてはプログラマーに一任されることが多くあります。
そのため、自分の考えた仕様ひとつで、ゲームの面白さを大きく左右するんだ!という責任感とモチベーションを感じながら、仕事に取り組むことができています。

社内の雰囲気はどうですか?

職種やプロジェクトごとに部屋が分かれていないため、非常に作業の依頼や相談がしやすいですね。
別職種のメンバーにもすぐに相談にいけて、コミュニケーションもとりやすい雰囲気で仕事ができています。

先輩スタッフとの関係は?

正直、知識や経験では、まだまだ足元にも及ばないため、業務面では、ただただ尊敬するばかりです。
ただ、気さくな先輩が多いので、時には業務以外の話で盛り上がることもあります。
過去に携られた名作ゲームの開発秘話などを聞けることもあるので、昔からゲームが大好きな私は、とてもテンションが上がりますね。

入社から自分が成長出来た所は?

私は、同期入社のプログラマーに比べ、プログラミング経験が浅かった為、とにかくコードをたくさん見ることを心がけました。
その甲斐あってか、理解力・コーディングスピードは確実に上がりました。プログラマーとしての基礎力は、着実についてきたと実感しています。

日々の仕事で大切にしていること

実装内容が一目で理解できるような、美しいプログラムコードを書けるようになるのが、一番理想的ではあると思います。
ただ、今はそこまでいかなくても、自分の書いたコードの意図を、しっかりとメンバーに説明できるように心がけています。

将来の夢は?

元々、自分のゲームを持つことが夢でこの会社に入ったので、今担当しているプロジェクトが落ち着いたら、まずは新しい企画を上げたいです。そして、近い将来ディレクターとなって、ゲームファンの間で話題になるようなゲームを生み出したいと考えています。

GFに向いている人物像は?

当社は職種問わずアイデアや意見を求められる会社なので、自分の意思を明確に表現できる人が向いていると思います。ただ、その一方で他人の意見もしっかり尊重することも大切です。
とにかく多くの意見に触れて、最善の道を選べる人と一緒に仕事がしたいですね。

プログラマーに向いている人は?

プログラマーって聞くと、なんとなく頭の固いイメージを持たれている方もいると思います…。でも、本当はその逆なんです。
実際の制作現場では、急な仕様変更や、作り直しなども日常的に起きるものです。
なので、そんな時でも臨機応変に対応できるような、柔軟な思考を持っている人が最もプログラマーに向いていると言えるのではないでしょうか。

就職活動中の学生さんへ一言

プログラマー志望の方は、今からでもいいので自作ゲームを作ってみてください。その経験は必ずどこかで役に立つはずです。
また、ゲーム業界は本当に楽しいところです!
恐れることなく、思い切ってゲーム業界に挑戦してください。

スペシャル
コンテンツ

スペシャル
コンテンツ